国籍を使って効果的に設ける方法|知っ得ウハウハ情報

pension

手段の色々

日本の国債の特徴と購入について

資産運用には色々な手段がありますが、国債の借り入れもその一つです。国債は一定期間お金を国に貸し出すことで一艇の利息をもらうことができる預金の様な仕組みですが、銀行の預金とは違い、国が破綻した場合には何も残らないという問題があります。しかし日本の国債の場合にはそのリスクが極めて少ないと考えられていることから金利も低く、リスクも低いという安心の金融商品になっています。低リスクなので低リターンですが目減りさせることのできない金融資産の運用方法としては適切な方法のひとつであると言えるでしょう。なお、これが外国債の場合には事情が変わってきます。破たんリスクの大きな国は金利も高い半面、失われてしまう可能性も高い金融商品になります。

国債はいつでも好きな時に取引できる

一般の金融機関に預けた現金というものは自分以外の人間が触ることは出来ません。自分で引き出すか、定期預金の場合には一定時期が来るまでは引き出す事も出来ません。国債などもある程度まとまった現金を国に預けるという点では銀行の預金と同じですが、国債の様な債権が預金と違うのは売り買いができるという点にあります。 国債の売買は必要に応じていつでも行うことが出来ますが、元本保証のない取引になりますのでそれなりにロスが発生する覚悟をしておく必要があります。しかしその様な多少の目減りを受け入れることができるのであればいつでも換金することが可能な金融商品であるという見方が可能になるでしょう。国債とはその様なものです。